アースソフト PT2 不調日記

PT2とパソコンで録画して快適ビデオサーバー。

この数年、便利に使ってきた。

録画先のHDDがいっぱいになったら、新しいのを買ってクレードルにポン。

しかし、今年の3月頃から次第に不調になりだした。

原因と思わしき一つが衛星の利得。

これが少しずつ悪化し、CSでブロックノイズが出るか出ないかの12dBを下回りそうになることも有った。

思い切って、BS/CSアンテナを買い替えた。

45cmから50cmの左旋円偏波対応の新型だ。

アンテナを変えたので、視聴ソフトのTvTestに表示される利得が高まり(平均12dB前後→16dB前後)、急落する現象(急に12dB前後から9dB未満まで落ちて受信不可能になる)も無くなった。

しかし、まだND22でドロップが取れない。

ドロップが出ている時、利得を見ると15〜16dbで遷移していて、足りていないわけではない。

また、ビットレートも30Mbps以上出ているので、おかしなところはない。

ここで、「もしかしたら、ひょっとしたら...」と低い可能性で見なかったことにしていた妨害電波のケースを考えた。

いろいろ調べてみるとND22の周波数帯ではPHSやコードレス電話が混線する場合があるらしい。

確かに、我が家ではコードレス電話を使っている。

3月頃に、それまで使用していたブラザーのインクジェット複合機のPRIVIOの印刷が目詰まりでどうにもならなくなって修理に出して返ってきた。

タイミング的には関係がありそう。

そして、拡張子機で私の部屋のパソコンから少し離れたところに置いてある。

その子機を充電する充電器やら、USB充電アダプタやら扇風機、HDDクレードル、電球スタンド(電球型のLEDに交換済み)、PS4...等を同じコンセントで電気を取っているのも気になった。

そこで、決心をして、このホコリだらけのOAタップを整理。

しかし改善せず。

この時にコードレス電話子機を親もろとも停止させたが関係なかった。

改善できそうな外因はこれ以上思いつかない。

あと、録画ソフト以外のソフトの悪影響を調べた。

録画ソフト以外を片っ端から停止。

変化はなく、ドロップが出ていた。

ビデオカードがチョット不調で、少し手が触れただけでシステム的に死んでしまうのが気になるが、録画のドロップとは関係なさげ。

ううむ...あとは何処を見ればいいのやら。